ハトムギ化粧水で人気なのは

稲に属している穀物をハト麦といいます。
お米に混ぜたりハト麦茶などでもよく知られています。
種皮を剥がした種子をヨクイニン言い、肌荒れなどの治療に使われます。

また、歴史の長いハト麦は楊貴妃も気に入っていたのだそうです。
日本ではハト麦のことを明治まで朝鮮麦・四石麦と言っていました。
肌荒れの治療薬や薬膳料理の材料にしていたといいます。

今回はハトムギ化粧水から人気の5ブランドを紹介します。
参考にして下さい。

なぜ肌に合うのか?

代謝を上げる役割を持つコイクセノリドはハトムギに多く含まれています。
また、リンパや血の流れを助けてくれるアミノ酸もたっぷりです。
新陳代謝を活性化させ、肌の乾燥や荒れを改善したりむくみを解消してくれます。

コイクセノリドは代謝を活性化してくれます。
代謝が上がると透明感のある肌となります。
美白成分はありませんが、ターンオーバーが促され美白化粧水の代わりとなるのです。

ヨクイニンは、漢方のひとつで利水滲湿薬(りすいしんしつやく)とも呼ばれています。
肌が持っている水分保持力を高めてくれるのです。

また、アミノ酸やグルタミン酸が血流やリンパを助けてくれます。
さらにニキビができないよう炎症を抑えてくれるのです。

おすすめハトムギ化粧水①

お勧めとして薬用スキンコンディショナーエッセンシャルというのがあります。
330ml8,500円、110ml3500円、165ml5,000円いずれもアルビオンです。
1974年にグランデュークシリーズから5,000円でした。

高級化粧水だったため、販売員や美容部員が半強制的にサンプリングしたのです。
結果的に、試した人達の多くが購入しに来たといいます。
グランデュークシリーズは廃盤となったものの、化粧水は残りました。

評判は長く続き、見事に不動の人気となったのです。
スキンコンディショナーを使用した人の感想はそれぞれ違います。
吹き出物が綺麗に消えた、肌荒れしなくなった、くすみが取れ明るい肌になった等です。

美容部員の努力が実り...

おすすめハトムギ化粧水②

次にお薦めなのがナチュリエスキンコンディショナーハトムギ化粧水です。
500ml650円でイミュから出ています。
2002年に発売されてから2900万本という累計出荷台数を達成しました。

2017年でもドラッグストア化粧品部門で1位を保っています。
どんなに優れている化粧水でも使用量が少なければ保湿が出来ないです。
購入された方がたくさん使えるように価格と容量に気を付けているそうです。

みっつめのお薦めハトムギ化粧水はセザンヌスキンコンディショナーです。
500ml650円でセザンヌ化粧品から出ています。

セザンヌブランドは2014年に50周年となりました。
新たな50年を目指す為に開発されたのがこの商品です。

おすすめハトムギ化粧水③

よっつめは薬用雪肌精360ml7,500円、200ml5,000円でコーセーから出ています。
雪肌精が登場したのは1985年です。
ずっと付き合えるような化粧水になってほしいという気持ちが込められています。

成分は100種類の和漢植物エキスから厳選しています。
香りや感触の瑞々しさ肌効果にもこだわっています。
デザインや処方は30年以上経っても変わっていないです。

全世界でも5500万本という累計となりたくさんの愛用者がいます。
5つめは肌ラボ極水(きわみず)ハトムギCV化粧水です。
400ml640円でロート製薬から出ています。

ニキビや肌荒れに悩んでいる方向けに開発された製品です。
べとつかず肌に浸透します。

雪肌精はずっと変わらないデザイン

まとめ

化粧水は肌の保湿に欠かせないものです。
洗顔後や入浴後には必ずつけるようになっています。
化粧水の中でも高い人気となっているのがハトムギ化粧水です。

値段は少々張りますが、使用してみる価値はあります。
コイクセノリドは新陳代謝を活性化してくれます。
ヨクイニンは肌が本来持っている水分保持力を高めます。

効果はそれぞれですが、肌トラブルがなくなったという人もいるほどです。
お薦めにはリーズナブルなものもあります。

コメントを残す