肌にとって最適な食事とは

肌にいい食事とは

朝出勤すると、退社するまでずっと室内にいる事になります。
明るかった顔色も、帰る頃には変わってしまっている場合もあるのです。

年齢を重ねるうちに、皮膚にもハリや弾力が無くなってくるものです。
肌を手入れしたくても、仕事で疲れ果ててそれどころではないという人もいるはずです。

そこで実践してほしいのが、肌に最適な食事をすることです。
食事内容を変えるだけでじゅうぶんです。
肌の悩みに合わせた食事にしてみて下さい。

肌がくすんでいる時はビタミン類を摂ろう

健康に見える肌色というのは、ほんの少し赤みがかった肌です。
ですが、生活習慣や体質というのは人それぞれ異なります。

喫煙をしていると、体にも良くありませんし血行も悪くなります。
また、運動しないでいたり体が冷えていると血液が上手く流れないです。
顔を流れる毛細血管の血流も悪くなるのです。

すると、赤みが減り明るさも落ちてしまいます。
顔色を良くしたい時は、顔をマッサージしたりストレッチが大切です。
血行を良くしてくれる食べ物はアボカド・ナッツ・緑黄色野菜などのビタミンEです。

また、モロヘイヤ・ニンジン・レバーといったビタミンAは肌の新陳代謝を促します。
これらのビタミン類を食事に取り入れて摂っていって下さい。
肌のくすみにはビタミン類

肌にハリ感を戻したい時

肌には真皮と呼ばれる部分があります。
コラーゲンを始めとした繊維が幾重にも重なって出来ているのです。
弾力性を持っていて、表面部分を支えるバネの役割を果たしています。

エストロゲンは女性ホルモンのひとつで、コラーゲン生成の細胞を活性させます。
エストロゲンが分泌されなくなるとコラーゲンも減ります。
肌が弛んでしまうのは、年を重ねてエストロゲン分泌が減るからです。

エストロゲンと同じ力のある大豆製品を摂るようにしてみて下さい。
肌を作るためのコラーゲン生成をしていくのも綺麗な肌には重要です。

コラーゲン配合された食べ物はコラーゲン生成の材料となります。
鶏皮・手羽先・魚のアラにコラーゲンがたくさん含まれています。

美肌効果のあるプロテイン

体内にたんぱく質が足りなくなると、肌が乾燥したり荒れたりしてしまいます。
そのため、過度な食事制限をしてしまうのは美肌にとって良くないことです。

女性の中にはダイエッターや食の細い人などがおり、たんぱく質の足りない人が多いです。
コンビニへ立ち寄った時にサンドウィッチ・おにぎりを買って食べても、たんぱく質は摂れないです。

簡単にたんぱく質を摂りたいなら、プロテインドリンクを飲んでみて下さい。
体を鍛えている人以外でも、たんぱく質を補うために飲んでも効果があります。

美容のために飲みたいなら、夕飯時間から就寝30分前までに飲んでみて下さい。
22時から深夜2時は肌の再生、つまりターンオーバーが活発化されます。

ニキビ予防には油

油と聞くと、体脂肪を蓄積させるから摂るべきでないと考える人も多いと思います。
健康上やダイエットをしていくうえで天敵のように思われがちです。

ですが、脂質というのはたんぱく質・炭水化物の次に出てくる三大栄養素なのです。
体を作る血液や細胞の成分となりますし、活動源でもあるのです。

さらに、女性ホルモンを作るのに重要なのがコラーゲンです。
近頃大きい注目を浴びているのがオメガ3系という油です。
オメガ3系はシソ油・エゴマ油・魚油・亜麻仁油等に入っています。

脂肪酸は、ニキビ予防に大きな効果をもたらします。
肉食中心になりがちな食事を、魚系にしてみるとオメガ3系を摂れます。
キンキ・鯖・鮪の脂身・鰯などがあります。
魚に含まれる油も大切

まとめ

女性は、幾つになってもきれいでいたいと思っているものです。
きれいな肌を保ち続けるためには、普段の食生活が重要になってきます。

ビタミン類・たんぱく質・オメガ3系の油等を摂ることが大切なのです。
肉を摂るのもいいですが魚を食べる事も忘れないようにして下さい。
プロテインなどもたんぱく質を摂りやすくなっています。

コラーゲンやエストロゲンも、美肌対策にはとても大切になります。
少しずつ食生活を変えてみて下さい。

コメントを残す