はみ出したお肉を撃退する方法とは

女性が身に着ける下着のひとつにブラジャーがあります。
バストの大きさで購入する商品のサイズも価格も変わってくるのです。
そのブラジャーを着けた時に気になってしまうのがハミ肉と呼ばれる余分な脂肪です。
脇の下に蓄積しやすいハミ肉は加齢と共に撃退しづらくなっていきます。
そのためどうしても目立ちやすいのが腕のプヨプヨしたいわゆる「振り袖」です。
今回はこの強敵にどうやって打ち勝てばいいのかについてお伝えします。

「ハミ肉」は女性にとっては大問題

胸が大きい女性はどうしてもブラジャーを着けなければならなくなります。
カップ付きのキャミソールなどもありますが、ほとんどがブラジャーです。
ブラに収まりきれずはみ出てしまった脂肪は厄介です。
部分的にもそこだけの脂肪を落とすのは難しいからです。
アメリカの公認管理栄養士のシモンズ氏は脂肪の蓄積箇所は遺伝で決まると言っています。
「落としにくい部位についた脂肪は体脂肪を減らしてしっかりと鍛える必要がある」と語っているのです。
「振り袖」が気になるばかりで何とかしたい人はいるはずです。
そのためには運動と食事で脂肪をなくすという事になります。
脂肪の付き方も違うので、自分に見合った運動と食事をすることが大切です。

食事を見直す事でハミ肉をなくす

ダイエットをしていく上で最重要となるのは消費カロリーと摂取カロリーです。
摂取カロリーが消費カロリーを上回らないようにしなければならないのです。
また、適度な運動をしていくのと同時に食事の管理や内容も大切となります。
そのためには自分が一日に摂取するべきカロリーを知っておく必要があります。
カロリーのおよそ半分で、とうもろこし・えんどう豆・ジャガイモ等の炭水化物・全粒パスタ等の穀物に分けます。
残り半分の20から30%でオリーブオイル・ナッツ、もう半分の20から30で卵・そら豆・鶏肉・ほうれん草にしていきます。
ただし、アボカドは脂質1gで9キロカロリーとなってしまうので摂り過ぎないように注意して下さい。

ジムトレーニングを今一度見直してみる

脂肪燃焼に役立つのが筋肉を鍛えるための運動です。
シモンズ氏曰く「基礎代謝は筋肉量を増やす事で上がる」ため、たくさんのカロリーを消費できるのです。
消費するためのカロリーを大きくするなら、大腿四頭筋・大臀筋を中心とした筋肉を動かす事です。
チェストプレス・スクワット・ローイング・ランジなどで1日に1箇所鍛えてみて下さい。
脇の下に蓄積してしまった脂肪は、背筋・胸筋を鍛えていきます。
背筋ならばプッシュアップ・ベンチプレス・ショルダープレス・チェストフライです。
胸筋ならチンアップ・プルアップ・ケーブルプルダウンです。
背中・胸は1日或いは2日おきにトレーニングして筋肉を再建・修復できるようにしてみて下さい。

ウエートが重くても負けない事

シモンズ氏によれば「脂肪燃焼で心拍数を上げるならキツいウエートを数回上げる事が最適」と言います。
「正確な姿勢をキープして8回から12回動かせる重さでやれるようにしていく」
「もし長く出来るのであれば軽すぎるし、姿勢が崩れるようだと重すぎるという事になる」
また、有酸素運動なら30分のトレッドミルよりブートキャンプのようなハードなものが適しています。
他にもインターバルトレーニングも高い強度となっているのでお薦めだそうです。
一部分となる脇の下のみだと脂肪は落としにくいが、体全体は引き締められるのです。
ただ、体力などはそれぞれ個人差があるので無理は禁物となります。
自分に合った運動法で鍛えていって下さい。

まとめ

ブラジャーからはみ出た余分な脂肪は凄く邪魔なものです。
その脂肪のせいで二の腕なども「振り袖」になってしまいます。
しかし、どうにかしたくてもその部位についた脂肪のみを落とすのは困難です。
まずは、食事を改めて見直してみる事が大切になります。
また、自分に合った適度な運動をして体を鍛えるのも重要となります。
負荷を掛けたウエートや、胸筋・背筋などを鍛えていけば体は鍛えられます。
無理のない運動を行って下さい。

コメントを残す