ペガン・ダイエットは画期的な方法なのか?

ダイエット食品には様々な種類があります。
ドリンクタイプ・シリアルバー・お粥・クッキー等です。
置き換えダイエットと適度な運動を組み合わせた方法もあります。
他の食事法として聞かれるのがビーガンとパレオです。
これらには共通点・相違点があり、それぞれ高い人気となっています。
そしてこの2種類を合わせたのがペガンダイエットと呼ばれるものです。
今回はパレオとビーガン、ペガン・ダイエットについてお伝えします。

ペガン・ダイエットとは

ベジタリアンは、野菜を主食とした菜食主義なのは周知の事実です。
ビーガンはそのベジタリアンよりも上のベジタリアンになります。
卵・肉・乳製品・魚を食べない代わりに、果物・穀類・野菜・豆類は好きなだけ食べれます。
パレオダイエットを簡単に言うと、旧石器時代に食べていたと思われる食事の方法です。
主に野菜・肉・ナッツ類・魚・卵を食べるようになっています。
当時あまり食べれなかった乳製品・穀類・糖類・穀類は食べないようにします。
また、人工添加物・加工食品・人工調味料も口にしないです。
専門家が心配しているのが、パレオとビーガン双方の健康面です。
そこで考案されたのが双方の良い点を取ったペガン・ダイエットなのです。

ペガン・ダイエットの食事法

ペガン・ダイエットをする際のメインは果物・野菜です。
25%が質の良い油と動物性たんぱく質、75%が植物というようになっています。
濃い色を持つ果物とピーマン・ブロッコリー・ケールを積極的に摂るのが理想的です。
ケールは青汁としても飲めるので、果物を入れると飲みやすくなります。
ホルモン剤・抗生物質・殺虫剤を使用したいわゆる遺伝子組み換え食品は食べないようにします。
また、着色料・添加物・化学調味料も小麦粉・精製済みの炭水化物・糖類も口にしないようにします。
油は、オメガ3脂肪酸のような質の良いものを多く摂るようにするのがお奨めです。
アボカド・魚類・ナッツ類・オリーブオイルにオメガ3脂肪酸が入っています。

パレオ・ビーガンの共通点・相違点

パレオとビーガン各々の食事法で口にしないのが乳製品です。
乳製品の摂り過ぎは、糖尿病・癌・肥満・心臓病等の疾病の危険性が高まるとされているからです。
また、ビーガンが肉類を食べないのに対してパレオは食べることを拒んではいないです。
肉類を食べる時は少なめにして、牛肉であれば牧草で育てられた牛のほうがいいと言われています。
毎日の生活を過ごす中で、食事内容は健康体を保つためにも大切なものとなります。
一日に男性・女性それぞれの摂るべきカロリーを考えつつ、食べることが理想的なのです。
そうは言っても、毎日の仕事や家事・育児に追われ疲れきってしまいます。
食事にまで気が回らない事もありますが気を付けたいものです。

ペガン・ダイエットは食事法の見本?

ペガンダイエットは画期的で良い方法だと言えます。
ただ、ペガン・ダイエットに関しては、有効性があるという研究結果は出ていないです。
ですが、ビーガンとパレオの食材を見ていけば折衷案だと言えます。
折衷案とは2つの案をひとつにまとめるという意味です。
別の視点で見ると、今まで度々口にされてきた「健康重視の食事」の手本にも感じられます。
また、人気度の高さにあやかって親しみやすいネーミングにしたとも言えます。
パレオもビーガンも、健康の事を考えると不安なところもあるのは確かです。
ですが2つが合わさった食事法であれば、バランスが取れているのもまた事実です。
食材を上手に取り入れながら食べていけばいいかと思います。

まとめ

ダイエットは継続していくのが重要ですが、思うようにはいかないものです。
無理なダイエットをして、かえって体調を崩してしまうと意味を持たなくなるからです。
健康な体でいる為にも、栄養バランスの整った食事が一番です。
ペガン・ダイエットは、パレオとビーガンを合わせた食事法です。
誰もが覚えやすいような名称としたのも、双方に人気がある所以です。
自分の生活習慣や体質・体調に合わせながら行ってくのがいいと思います。

コメントを残す