むくみをとる方法とは?

仕事で同じ姿勢でパソコンや事務仕事をしていると夕方には足が浮腫んだ経験ありませんか?

靴のサイズも朝と比べたら小さくなった経験がありませんか?

これは長時間に渡って同じ姿勢で作業をしていると血液の流れが滞ってしまい老廃物がうまく体外に排出できないため、症状として浮腫が表れてしまうのです。

長時間の立ち仕事や睡眠不足・過労・ストレスなどでも起きる場合があります。

きゅきゅっと小町公式

睡眠不足が続くと浮腫やすいですが、足元をすこし高くして横になるだけでも体にかかる重力がかなり軽減するのでリンパの流れが良くなり脚のむくみが解消出来ます。

また、筋力の少ない人もむくみやすいと言われているので適度な運動も必要ですね。

というのも筋肉がないとリンパ腺の柔軟性がなくなり、水分を流す力が弱くなってしまいます

なので、毎日少しでも歩いたり、運動をして筋肉を作るように心がけたら浮腫み(むくみ)になりにくくなります。

歳をとってから急にむくみが気になり始めたら、もしかして筋力の低下、つまり老化が原因の可能性もあります。

 

とくに、女性によっては冷え性や生理前のホルモンのバランスの崩れからも浮腫みが出る人がいるので冬の間がもちろんですが、夏でもクーラーのかけっぱなしや冷たい飲み物を飲みすぎて体を冷やさないように気をつけたほうがいいです。

 

さらに、腎臓機能が弱く、病気のある人は普通の人と同じように水や塩分を摂取していたらうまく排出することができず、浮腫みやすくなります。

足首の部分を指で押すと跡が残ってしまうようならかなり浮腫んでいる症状なので気をつけたほうがいいでしょう。

 

また、毎日の食事の中にも十分浮腫を予防できる食品があります。

例えば、浮腫に効果があるくだもので代表的な物はスイカ・きゅうり・バナナ・キウイ・アボガド・アサリなど。

ビタミンEが豊富に含まれている、かぼちゃやアーモンド・ごま・うなぎ・モロヘイヤなどには血管の掃除をして老廃物の排泄を促してくれる優れた栄養素です。

むくみが気になる人は是非毎日の食事に加えて欲しい食材ですね!

 

毎日の食事や運動など、時間をかけて気にかけることが難しい人はこちらがオススメです。

「きゅきゅっと小町」の詳細はこちら

コメントを残す