便秘にオリーブオイルが効果的ってほんとうなの?

便秘しやすい人は口内炎になりやすい!また口内炎にならなくても便秘がちな人はニキビになりやすい傾向があります。でも、「オリーブオイルが便秘に良い」、なんていう話をあなたは聞いたことがありませんか?。
結論から言うと、オリーブオイルは便秘に非常に「効果的」です。その理由を説明すると、これは非常に簡単なことで、オリーブオイルに「オレイン酸」が含まれているからです。この「オレイン酸」はオリーブ油の他にも不乾性油やチョコレートに多く含まれています。
また、女性なら知っているかもしれませんが、このオレイン酸は皮膚刺激が少ないので、クリームやローションなどの化粧品の原料にも結構、使われています。その他には石けんやシャンプーの原料でもあるんです。
オレイン酸は、オリーブ油・キャノーラ油・ナッツ類などに多く含まれる脂肪酸です。便秘以外の効果も優秀で、リノール酸の摂取が多い現代の食生活では動脈硬化・高血圧・心疾患などの生活習慣病を予防・改善するとして、このオレイン酸が多く含まれるオリーブオイルが注目されています。


一般的に便秘になりやすい原因は食物繊維が不足することが良く知られていますが、ダイエット中で、お肉やお米を避けて、野菜中心の食生活を続けることでも便秘は起こりやすくなります。
「えっ食物繊維を野菜で摂っているのに便秘になるの?」と不思議に思うかもしれませんが、便の排泄には油分も必要だからです。
そのためダイエットで肉や油を避けることで、便秘になりやすい体質になってしまいます。なので、ダイエット中ほど腸内物をやわらかくして排便を促してくれるオリーブオイルなどの油分を食事の中で取り入れる必要があるんです。
但し、やはり「摂取のし過ぎは逆効果」ですから。なぜなら、オリーブオイルのオレイン酸は消化されにくいの摂りすぎはからです。少量なら小腸を活発化させるだけで終わりますが、大量だと結果的にオリーブオイルのオレイン酸自体が消化されづらく、逆に便秘になってしまう、なんていうことになってしまいますからね。
また、オリーブオイル自体が大腸の中を便が通りやすくする効果もあるんですよ。まとめると、オリーブオイルは便秘にききますが、摂取のし過ぎは結果的にオリーブオイルのオレイン酸自体が便秘の原因となってしまうので毎日、サラダにかける位が丁度良いでしょう。

コメントは受け付けていません。