生理前になると口内炎ができやすいってホント?便秘と口内炎

女性は基本的に生理周期によって身体の調子が変わってくることが多いと言われています。中でもよく言われているのが、生理前になると便秘しやすいということです。
便秘はただでさえお肌の調子が悪くなったり、太る原因にもなるので、できれば避けたいのに、生理周期の関係で便秘がしやすくなるというのは気になりますよね。
そして、便秘になりやすい人が良く口内炎やニキビになりやすいのです。ただの便秘だと思っていると、たちまち肌トラブルに発展するので厄介です。


また困ったことに女性は大体毎月1度は、この生理になります。つまり、1カ月のうち、最低1回は便秘の悪化とともに、口内炎やニキビトラブルに発展してしまう可能性があるということになります。
なので、たかが便秘と侮っていると、健康的にも美容的にも良いことはありません。
実はこの生理前に便秘になりやすいというのは、女性ホルモンの影響と言われています。女性ホルモンには「卵胞ホルモン」というものと「黄体ホルモン」というものがあります。このうち黄体ホルモンというものは、排卵期から生理前までに非常に分泌量が増えるホルモンです。この黄体ホルモンの役割は、新しい骨の生成を促したり、妊娠しているときには赤ちゃんが成長しやすい状態に子宮内を整えるという重要な役割があります。
しかし、この黄体ホルモンには腸のぜん動運動を抑えてしまうという働きがあります。排卵期から生理前というのはもともと体内に水をため込むという性質もあるため、腸のなかの水分バランスも崩れやすく、便が固まりやすくなり、便秘が起こりやすくなっているのです。
なので、少しでも便秘にならないように、睡眠不足の解消、生活のリズムを整える、暴飲暴食を避ける、タバコの喫煙を控えるなど、まずは生活スタイルから便秘になりづらくする必要があります。
そして、食生活です。食物繊維をきちんと摂ることと、水分補給、ビタミンが豊富な食生活を心がけましょう。

コメントは受け付けていません。