あなたの口内炎の原因は?効果的なケア方法

口内炎ができてしまうと、その痛さでせっかくの楽しい食事も台無しです。
ひどくなると歯磨きも出来なくなり口の中は不衛生になってしまいます。
特に舌の口内炎ができやすいと聞きますよね(+_+)
舌に赤い「できもの」や食事中に口の中を歯でかんでしまって
キズが出来て口内炎になって、痛い思いもした経験は口内炎で悩むひとには良くあるトラブルです!!


口内炎の原因には
・栄養バランスの乱れで鉄分やビタミンB1・B2・B6が不足
・ストレスから内臓不全、肌荒れとなる場合
・睡眠不足や生活習慣の乱れから
・口腔内の不潔な環境など・・・
・唾液がすくない場合ができやすい
・内臓疾患のある人
・暴飲暴食など・・・
・口内を食事中に噛んだりする物理的な刺激
・口内にできたキズに細菌が増殖して炎症を起こして口内炎になります。
しかし、大抵は唾液によって繁殖した細菌は洗い流されるので
口内炎になる前に完治します。
・口内炎は風邪などをひいて病気への抵抗力が弱くなっているときに
粘膜の刺激だけでもできてしまう場合があります。
この時に必要な栄養素がビタミンB2・ビタミンCです
・特に女性に多い口内炎の原因に
生理前のホルモンのバランスの乱れからくる場合があります。
口内炎の対処法で効果的な方法は
・うがいなどをして日頃から口腔内を清潔にする
・栄養のバランスのとれた食事を摂ること
・刺激のある食事が控える(カレー・キムチなどの香辛料)
その他に、お野菜を刻んだものを消化しやすいお粥にして食べたらいいですね・・・
効果的な食品としては
粘膜を保護する牛乳やヨーグルト
鶏肉・レバー・牛肉・豚肉・納豆・ほうれん草などの緑黄色野菜など
バランスのとれた食事を摂るようにします。
口内炎の治療薬としては、塗るタイプと張るタイプがありますので
暫く薬をつけて様子もみる必要があります。
いずれにしろ、口内炎になってしまっても局部に刺激を与えないことです。
特に口内炎になりやすい人は、口内炎ができやすい要因や
日頃の予防から気をつけることが大事です。

コメントは受け付けていません。