口内炎の原因・感染症が原因の場合も

アフタ性口内炎はヘルペスウイルスの感染や全身性熱性疾患、
ことにウイルス感染症が誘因となり発生することが多いので、ヘルペス性口内炎ともいいます。


また虫歯や食べ物などによる機械的、化学的な刺激によっても発生し、明らかな原因がわからないものもあります。
かび(真菌)の一種であるカンジタが寄生すると、カンジタ性口内炎となります。
お年よりに多くみられますが、若い人でもかぜをひいたり、高熱が出たりして、粘膜の抵抗力が落ちているとかかりやすくなります。
血液疾患に伴う口内炎
貧血になると口内炎の症状が出ることがあります。
血液内に鉄分が不足する鉄欠乏性貧血や、骨髄の造血機能が低下し、赤血球、白血球、
血小板などが不足する再生不良貧血の場合、ビタミンB12、葉酸などが不足する巨赤芽球性貧血(悪性貧血)、
白血病の場合、白血球の中の顆粒球が、薬剤の使用などで急激に減少する顆粒球減少症でも口内炎の症状が出ることがあります。

コメントを残す