口内炎予防には必要な栄養素の補給が大切

栄養の欠乏
いくつかの研究で、口内炎は、鉄分や、葉酸などのビタミンB群などが不足した人に多く見られることが明らかなようです。
 


食事を改善したり、サプリメントを取ることで、
不足分を補うことができます。
口腔内を傷つけない様に注意する。
硬過ぎない程度でちょうど良い大きさの歯ブラシを選び、強いブラッシングは避け、優しく丁寧に口の粘膜を傷つけないようにブラッシングするよう注意しましょう。
 
また、歯のかみ合わせなどで、口腔内や唇を噛みきったりしやいやすい人も食事の際に注意が必要です。
※舌(舌苔)を優しくブラッシングすると舌がきれいになり、
口臭対策になります。但し傷をつけないように注意しましょう。
虫歯と入れ歯、差し歯などに注意する。
虫歯があれば早めに治療、入れ歯が合わない時は
早めに調節してもらいましょう。
 
虫歯は口腔内に細菌やウィルスを発生させ、それらが化膿、反応して口内炎になることもあります。
入れ歯や差し歯はしっかり噛み合わせを調整しましょう。
口の中を清潔にする
基本的なことですが、日ごろから毎食後の歯みがきやうがいをおこないましょう。
口腔内が清潔であればウィルスや細菌からの口内炎発症を抑えてくれます。
 
口の中を潤すようにする
唾液が少なく、口腔内が乾く方は口内炎が発症しやすいとされています。
口の中が乾く粘膜部分が傷つきやすくなります。
 
また、ストレスを感じているときや、
緊張しているときは口が乾きやすくなります。

コメントを残す