口内炎予防にはストレス・寝不足は天敵

過度の疲労・ストレスを蓄積せず、睡眠は十分に
ストレスや疲労の蓄積は体内のバランスを崩し、良質の体内ビタミンや栄養を奪う為、
口内炎ができやすくなります。  


ストレスや疲労がたまると、口の中が乾燥したり、
サラサラした唾液が少なくなったりすることも原因のひとつです。
しっかり自己管理をし、疲労・ストレス・寝不足に注意しましょう。
タバコを控える
タバコのニコチンなどは体内のビタミン群など良質な栄養素を奪い、口腔内を不衛生にします。  
免疫も低下しますので、できるだけタバコは控えましょう。
禁煙して口内炎ができにくくなったという人もいます。
アルコールを控える
アルコールの過度の摂取も口内炎のもとです。
アルコールにはそれぞれありますが、成分によっては体内のビタミンを奪いますので、過度の飲酒で翌日すぐに口内炎が発症する場合もあります。
 
過度のアルコール摂取を控えましょう。
心配な方は飲酒前にしっかり胃腸薬、ビタミン剤を服用し、飲酒時に枝豆などの野菜類・穀物類のおつまみを一緒にとりましょう。
 
飲酒後はしっかり歯磨き、うがいをして口腔内を清潔にして睡眠しましょう。
眼精疲労が体内の「ビタミン群」を奪う
PCやゲームなどでモニターに集中して眼を酷使すると、眼精疲労や肩こり、偏頭痛の原因となり、体内の「ビタミン群」を奪ってしまいます。
 
ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB12・ビタミンEなどは眼への活性化と栄養の供給にかかせないビタミン群です。
これらビタミン群が不足すると眼精疲労だけでなく、口内炎の原因にもなります。
 
PCを頻繁に利用し、眼精疲労が多く肌荒れも多くなったという方は口内炎の発症が多いようです。
眼精疲労と口内炎、ダブルで悩んでいる方は「ビタミン群」を上手に摂取するように心がけましょう。

コメントを残す