いろいろな口内炎の種類とその症状

アフタ性口内炎
最も一般的な口内炎で、口の中の粘膜、とくに頬の粘膜に
アフタとよばれる小さな浅い潰瘍がみられ、その周囲は赤く腫れ局所的に強い痛みがあります。
 


食事などの刺激により痛みが強くなるため、
小児では不機嫌や食欲不振などの症状がみられることがあります。
通常、1週間から長くても2週間程度で治ります。
カルタ性口内炎
唇の内側、ほおや舌の粘膜が赤くただれたり、白く濁ったり、
ザラザラしてひび割れを起こしたりするのがカルタ性口内炎です。
 
アフタ性口内炎と違い、潰瘍は出来ませんが、口の中全体が
熱く感じられ、口臭を伴います。
食欲がなくなり、食べても味がわかりません。
 
カルタ性口内炎は、自分の歯で粘膜を傷つけたり、歯列矯正装置や
入れ歯が当たることなどにより、炎症を起こすものや、
虫歯、歯周病など何らかの原因で口の中の衛生状態が悪い時に、
口の中にいる細菌が異常に繁殖して起こるものです。
かぜなどのウイルス性の疾患や細菌感染による肺炎などで
高熱のあるとき、何らかの病気で全身がひどく消耗しているときなどにも起きやすいので注意しましょう。
カルタ性口内炎は子どもに多くみられるのもで、指しゃぶりや
口に異物を入れるくせなどが原因となって、口の中の衛生状態が悪くなるために起こることもあります。
口角炎
唇の両端がただれる病気で、口角びらんともいいます。
唇の両端の内側の部分が赤くなり、続いてその部分に亀裂ができ、
やがてかさぶたができます。
子どもや中年以降の女性によくみられます。
カビの一種であるカンジタなどの真菌や、
ブドウ球菌といった細菌感染が直接の原因ですが、
ビタミンB2の欠乏、糖尿病、貧血などがあると
かかりやすくなります。
壊死性潰瘍性口内炎
歯肉や口の中の粘膜に嫌気性口腔内細菌(けんきせいこうくうないさいきん)が侵入し増殖すると、壊死性潰瘍性口内炎(トレンチマウス)を起こします。  
歯肉に慢性的に炎症を起こしている人が、体調を崩したりすると、
細菌に対する抵抗力が弱まって発病すると考えられています。
歯肉の縁が壊死して潰瘍ができ、出血するほか、
強い痛みと口臭を伴います。  
敗血症などの重い感染症や白血病、エイズなどのため全身の衰弱が
ひどいと、壊死性潰瘍性口内炎が急に拡大することがあります。
こうしたケースを壊疽性口内炎とよんでいます。

コメントを残す