口内炎がヤバすぎる

朝起きて気がつくと口の中にできているのが口内炎です。食事のたびにしみて痛いし、食事も美味しくなくてガッカリします。 中にはしょっちゅうできてしまう人も。「あっ!口内炎できている」と憂うつになる人も多いのでは?

というわたし自身も口内炎によく悩まされている一人です。口内炎は、口の中の粘膜に起こる炎症です。症状はさまざまで、直径わずか数ミリから1センチ程度のものなのに、出来てしまうと1日が台無しです。頬や唇の内側、舌などを噛んでしまったり、口の中や歯肉を傷つけたり、辛い食べ物などの刺激からできることもありますが、風邪などで疲れてしまっても、免疫力が落ちてしまいできやすくなります。

とくに睡眠・ビタミン不足やストレス・タバコ、暴飲暴食も原因になりやすいんです。

 


口内炎オススメ情報

便秘と口内炎って関係あるの?

あなたは生理の前や、便秘が続くと、口内炎になることがありませんか?

普段からあまり快便ではなく、便秘になりやすい人は口内炎によくなります。わたしも以前はよく便秘気味で、口内炎が出来るのも、きまって生理前や生理中でした。

どうやらわたしの場合、便秘が口内炎の主な原因のようでした。そんな口内炎の悩みを友達に相談したところ、勧められたのが・・・。

カイテキオリゴ


 

チョコラBBピュア(お得な大容量タイプもあります。)錠剤です

通常であれば食事のときに野菜等から摂取すれば良いのですが、なかなか難しいですよね。そのような不足しがちなビタミンB群をサプリメントのように効率よく摂取できます。

舌口内炎予防には何がよい?


口内炎とは

口内炎は口腔内の粘膜が炎症を起こす症状です。特に口腔内はデリケートで傷がつきやすく、体の抵抗力や体調が悪いと傷口に雑菌が侵入し口内炎になります。

この口内炎は、誰にでもおこりますが、健康であれば口内炎にはかかりにくいという特徴もあります。

というのも一般に口内炎はビタミンの不足や過労、そして内臓疾患などが原因で発症しますが、発症すると大変傷みが強く、食欲も減退します。

また甘いもの、辛いもの、酸っぱいもの、そして香辛料などのスパイシーなものも口内炎の傷みに対して刺激的です。他にも熱いものや冷たいものもシミるので大変です。

尚、口内炎を治すには、口腔内の清潔を保つ事が必要です。食事の後の歯磨きだけではなく、随時口内炎症に効くうがい薬などで口の中をゆすぐのが効果的です。

一般に唾液が多い方は患部が唾液で洗い流されるので口内炎が悪化しにくいと言われています。

また、口内炎にはビタミンB2・ビタミンCが効果的です。ビタミン錠剤やサプリメントなどで補うといった方法の他に、新鮮なサラダやレバーといったビタミン類の豊富な食事を摂ることも大切です。この他鉄分やビタミンB1・B6なども補う必要があります。

さらに夜更かしや睡眠不足、不規則な食生活なども口内炎の原因となります。なので口内炎がよく起こるという方は生活習慣の改善も考えた方が良いでしょう。飲酒やタバコ、カフェインなどの刺激物を多く摂られるかたも要注意です。

では、もし万が一、口内炎になってしまったら、どうすれば良いでしょう。口腔内のうがいの他に口内炎の塗り薬というものも販売されています。これはオブラートのように口内炎の患部に皮膜を作って傷みや傷の保護をしてくれるものです。また、牛乳やヨーグルトなどは、患部の刺激を和らげる効果もありますのでオススメです。

口内炎はなってしまってからでは大変辛いものです。しかし忘れているといつのまにかなってしまうのも口内炎です。

原因となる口腔内の衛生を日頃から考え、生活のリズムを正しくし食生活など栄養バランスに気をつけておけば、なかなか口内炎にはなりにくいものです。

また良くあるのが、誤って口内を噛んでしっまたりするケースです。この傷がついた時でも、健康であれば自分で治癒する力がありますので、激しい傷みになる前に治ってしまうことが多いものです。

口内炎はそのまま放っておいてもしばらくすると治るものですが、傷みがひどく、どうしても治りにくい時は、耳鼻咽喉科などの病院で治療してもらうと、頑固なものでも劇的に治るといった場合もありますのでお試しください。

そして、口内炎になりづらい体質にすることも大切です。

睡眠不足、不規則な食生活、飲酒やタバコ、カフェインの取り過ぎなどに気を付けながら、それでも口内炎ができやすい場合には、ビタミンB2・ビタミンCなどが含まれるサプリメントなどを利用しましょう。

コメントは受け付けていません。